地元から離れて合宿免許に参加するメリットとは

通学教習を選択すると、自宅から通学できる範囲にある自動車教習所を利用しなければなりません。


高校を卒業した後に地元で就職したり進学した人が近所の教習所を利用すると、小・中・高校の同級生に会う機会があります。

合宿免許に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

高校を卒業して地元の教習所を利用すると同窓会のような感覚で教習を受けることができるというメリットがありますが、中には教習所で知り合いに会いたくないと感じる方もいます。
通学教習では、技能教習で各段階の最後に実施される「みきわめ運転」や技能検定に不合格になる場合があります。
補習や再検定を受ける様子を、知り合いなどに見られてしまいます。

スムーズに教習を進めることができても、2〜3人の教習生がグループで教習を受ける「危険予測ディスカッション」や「高速教習」の際に、知り合いと一緒になる場合もあります。

教習所で知り合いに会いたくなければ、自宅から離れた不便な場所にある教習所まで通わなければなりません。合宿免許であれば、日本全国の教習所から好きな所を自由に選ぶことができます。


地元から離れた地方の教習所の合宿免許プランを選択すれば、教習所で知り合いに会う可能性が極めて低くなります。



このため、知り合いに合うのが嫌な方であれば、合宿免許を選択することで人間関係を気にすることなく教習に集中することができます。



合宿免許に参加すれば多くの人と知り合うことができますが、合宿期間中の2〜3週間だけのお付き合いです。
教習生はお互いに過去のことを知らない者同士なので、気楽に話をすることができるというメリットがあります。